読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

りょのちんの徒然記

ゲームや映画をまとめてみたり。その他日常系。

【Lobi感謝祭2016冬】挑戦者として参加してきたお話

ゲーム Lobi

どーも、りょーのです。

今回は「Lobi感謝祭2016冬」の実体験レポになりますのでゲームのお話ですね。

既に終わってしまったイベントですが魅力、楽しさが伝えられれば是非。

あと一応改善点も個人的に上げておきます。更なる発展の意も込めて。

 

f:id:tuneforte:20161212112438j:plain

 概要

開催日:2016年12月11日(日)

開催時間:13:00〜21:00(受付12:00〜)※途中入退場可能

開催地横浜 @大さん橋ホール(最寄り駅:日本大通り駅関内駅など)

出演者一覧(敬称略)

f:id:tuneforte:20161212114140j:plain

MCダイノジ増田有華

GUEST古川未鈴(でんぱ組.inc)、えなこ、みゃこ、紺野ぶるま、コジマ店員、セピア、平井善之(アメリカザリガニ)

 

配信はニコ生、FRESH!YouTube Liveにて行われました。

ニコニコ生放送

FRESH! 

YouTube Live

配信内容はどれも同じです。

 

タイムテーブル

12:00~ 受付開始

13:00~ オープニング/予選会

17:00~ 決勝戦

19:00~ 表彰式

19:30~ 交流会

 

のはずが大幅に押してしまい。(大規模での開催の運営、また企画進行により)

決勝戦が18時スタートになり接続トラブルなどあり試合が終わったのが21時過ぎ。

 

表彰式はさくっと。交流会はカット。

時間配分をミスったか運営人数少なかったか進行の周知ができていなかったのか。

まぁ仕方ない、と言えばそれまでですが改善点一つ目、ですかね。

 

 

そしてこのイベントの内容。

まず王国という括りでぬこ王国、ルドルフ王国に分かれます。

各王国内でギルドというものがあり一つにつき8人構成となっている感じ。

要は見ず知らずの人と8人でギルドとして各ゲームに参加し、ギルド・王国ポイントを稼ぎ自身の王国を勝たせようというイベントです。

またその優秀なギルドや人物には賞品も出たり。

 

王国同士で競うのは以下の6つのスマホゲームタイトルになります。

  • ライバルアリーナVS 

©2016 SuperAppli,Inc.

  • HIDE AND FIRE 

Copyright © 2016 NEXON Co., Ltd. All Rights Reserved.

Copyright © 2016 Tencent. All Rights Reserved.

©SEGA

  • Hearthstone: ハースストーン

©2016 BLIZZARD ENTERTAINMENT, INC.

©ARC SYSTEM WORKS/91act

  • ぼくらの甲子園!ポケット

© KAYAC Inc.

 

個人的には一番ハースストーンをやっていてそれだけをやるつもりだったのですが

どうやらポイント加算方式が3通りあり、

各ゲームで勝利(10pt)、事前にアプリDL(5pt)、コンパニオンと写真撮影(3pt)

全てのゲームのスタンプ獲得ギルドメンバー全員達成(70pt)

 

という感じだったのでやったことないゲームにも参加必須、というような感じでした。

正直ハースストーンだけでいいと思ってた自分は「えっ!?他のもやんの!?」

って思ってました。やったことないのにー…と。

 

 

ただこの点に関しては凄く良かったと思います。

実際やったことない人でもそのスマホゲームを体験出来るいい機会になっており、

対戦内容も初心者でも慣れてしまえば上位を狙えるものとなっていたのでとても良心的。

 

 

ただ意外と一つのゲームを終わらせるのに時間がかかり、それで予選会が長引いてしまったという原因もあるのです(´・ω・`)

 

参考がてら各ゲームの対戦内容と個人ポイントの付与についてさらっと。

 

  • ライバルアリーナVS

事前に用意されたヒーローを選び、倒した方が勝利。

残ったクリーチャー数が個人ポイントとなる。

  • HIDE AND FIRE

四人一組でレイドのタイムアタック。早いほうが勝利。

個人のトータルスコアが個人ポイントとなる。

事前に用意された統一パーティーで三分間対戦相手と勝負。勝利数が多いほうが勝利。

また個人で勝利した回数が個人ポイントとなる。

  • Hearthstone: ハースストーン

基本デッキにも満たないデッキで相手のヒーローを倒したほうが勝利。

また四人一組だがプレイするのは一人、それか協力するか。

自分のヒーローのHPが個人ポイントとなり、貰えるのは一番頑張った人(プレイした人)。

事前に指定された七つのキャラから五つ選び、BO3方式。

最後の勝利の残タイムが個人ポイントとなる。

  • ぼくらの甲子園!ポケット

2分間何本連続ホームランを打てるか競う。勝利条件は知らず。

連続ホームラン数が個人ポイントとなる。

 

って感じです。まぁこの対戦内容についてもまた後ほど。

 

ゲストの方たちは配信を見ている人たち向けに各ゲームの紹介や実際にプレイしたりなどしてゲームの魅力を伝えていました。

男性陣がぬこ王国側、女性陣がルドルフ王国側として勝利すれば王国にポイントが加算されたり。

 

また決勝戦では負けた王国側のゲストには罰ゲームが執行されたりなど。。。

 

ゲストの方たちが盛り上げていたため配信の方も結構盛り上がっていたと思います( ´∀`)

 

結果としては女性陣が結構勝利していたこと、また王国民()が強かったのもあったのか

最終的にはルドルフ王国が勝利しました。

 

 

ここから個人的な感想言います。

 

全体的に見れば楽しく面白く過ごせたイベントでした。

まず全く見ず知らずの人とギルドを組み別々に行動出来るのかと思いきやどのゲームも

4人、または8人で行動必須な内容となっており親密度が深まる交流ができたと思います。

そして各王国、ギルド、個人で優秀になれば賞品もあったので競う意欲は高かったですね。

まぁそれ目的で頑張るってのも不純かもしれないですが。

また私のギルドでよくやっているタイトルがハースストーン、ハイファイ、ライバルアリーナ、BBRR、ぷよクエと上手く分かれていたためお互い各ゲームのやり方などを教え合いながらプレイできたのも仲良くなった要因かも。

 

 

予選会ではどのタイトルでも勝利を挙げ、これはワンチャンベストギルド狙えるのでは?と思ったのですが決勝戦で同王国の別ギルドが多数参加していたためそこで差がついてしまったのかもしれません。ベストギルドにはなれませんでした(´・ω・`)

 

でも本当に楽しかった。やっぱりゲームで競うって凄く楽しい。

勝ったら嬉しいし、負けたら悔しい。けど次勝つために頑張ろうって思える。

また今まで知らなかったり知ってる人と一緒にプレイにすることで違う一面が見れたり。

色々なことに気付けるイベントであり、またあれば参加したいと思うイベントでした。

 

 

そして実は私、決勝戦でハースストーンとBBRRの代表者として出ました。

BBRRは初プレイだったこともありコンボとかまだ上手く使えずにすぐ敗退。笑

またハースストーンはよくプレイしていたこともあり優勝できたのですが。

この事についても後述。

 

ただ優勝してハースストーングッズ貰えたのは嬉しいです。やったー。

 

 

 

 

 

 

 

そしてここから改善点。ちょっと文面崩しますご了承を。

 

まず一番気になったのは参加人数

実はこのイベント、当選人数は2000人と明記しています。

また挑戦者、観戦者はそれぞれ400人ほどとなっており、残りの1200人はどこにいってしまったのか。

わからん。

募集人数はその人数だったものの、実際に参加したのは各ギルド5,6つほど。(すみませんここは把握していませんが二桁は確実にありません。)

なお挑戦者の人数少なすぎて観戦者も挑戦者に振り替えを行うレベル。

大分少なかったです。

 

なのにニコ生の累計来場者数は4万人を超えるほど。何故なのか。

出演者は申し分なし、開催地も問題ない。

上げるとするなら、ゲームタイトルの知名度、宣伝不足、Lobiの普及具合くらい?

まだ一部の人にしか知られていないとかが一番の要因になってたのかな。

ニコ生を見て初めてLobiの存在、そのイベントを知ったという人もいたり。

だから多分ニコ生の視聴数は多かったのかと。

企画自体は面白いのに会場が少し寂しく見えたのは残念です。

 

 

 

次に気になったのは時間配分

とにかくガバい。この人数で予選会、決勝戦のタイムスケジュールが進行できないとなるともし正規の人数が参加していたら一体どうなっていたんだろう…。

ただ軽く対戦させるとなると対戦内容は上記の具合になるだろうし変えようにも変えられない。

一番時間のロスを感じたのは対戦カードの記入だったり、コンパニオンと撮影したり。

毎回毎回各ゲームで記入しては撮りを繰り返してた印象。

また決勝戦でも予定では2時間で終わるはずが3時間ほどかかっていました。

多分毎回罰ゲーム行ってたから…かな?あとは接続トラブルなどなので致し方なし。

 

 

ただここを改善するってなると結構難しいんですよね。

人数多くても待ちが多くなるでしょうしまた集計にも時間かかる。

同時にプレイさせる人数を増やすと言ったら会場、設備がより大型のものになってしまうし、運営人数も増やさなくてはいけない。

 

だから正直あの規模ならあの人数でピッタリだったかなって。

多分募集人数50人ずつとかにすればちょうど良く運営できたんじゃないですかね。

結果オーライ。

 

 

 

 

次、ゲームタイトルになりますがハースストーン

追加タイトルだったこともあり仕方ないとは思いますが

流石にお粗末すぎますあのデッキ。

基本デッキに満たないゲームでどうやって魅力伝えろと。せめて集めてください。

また説明もとりあえずカジュアルで1戦やれとのだけでカード説明もなく。

同じ類のライバルアリーナVSの方が断然充実してました。

四人一組してプレイするのは結局一人。ポイントも一人だけ。1人でいいじゃないですか。

そして決勝戦、ぬこ王国側の人選ミスってません?

予選会の際、勝利したあと決勝戦に出ますか?と聞いてましたよね?

ぬこ王国側に聞かれたという報告を受け、出てきた人は負けたのに何故か選ばれたと。

急遽代表者が変更になって焦ってしまったのはあると思いますがなんのために勝敗つけて決勝戦参加有無聞いているか分からないです。

 

 

 

 

また決勝戦の選ばれる基準ですが、個人ポイントがおかしい。

と思ったんですがこれは賛否両論あるので置いときます。個人的に思うだけ。

決勝戦って上手い人が選ばれるべきではないのですかね?

初めてプレイした人が選ばれてそのゲームをやり込んでいる人が選ばれない決勝戦ってどうなんでしょうね?

まぁこれはイベントの趣旨にも関わるものなので意図は分かりません。

 

 

と後半温度高めでお話しましたが上にもある通り全体を通してみれば楽しく過ごせました。

勿論上手い人もいましたし、見応えのあるものを観戦させて頂きました。

 

でもこういうイベントってエンジョイ勢とガチ勢が混成してしまうため難しいんですよね。

賞品欲しさに本気でやりに来てる人もいればとりあえず参加してみようっていう人もいたり。

個人的には差別化図るべきだと思うんですけどねー。

楽しむだけなら賞品出さない、または少額、ガチ勢にはちゃんとした対戦形式を。

 

 

まだまだ日本のゲーム市場は改善の余地あり、ですね。様々な観点で。

勿論、運営企画側だけでなくプレイヤー側も。

 

ま、それはeSportsとかのお話の時に。

 

 

 

 

 

最後に。

様々なゲームがプレイでき、とても楽しかったです!

今までやったことないゲームを知らない人と協力しながら勝利を目指す、というイベントは新鮮だったので面白みを感じました。

Lobi運営、出演者、STAFF、コンパニオンの方々、お疲れ様でした。

また各ゲーム提供、ありがとうございました楽しかったです。

次は更なる良くなったオフ会を期待しています。

 

 

一参加者として感想述べましたがあくまでも個人的な意見です。

裏には色々な事情があると思いますが参加者としての視点の参考として。

割とLobiは好きなので期待しています。

 

 

【参考URL】

web.lobi.co

rival-arena-vs.net

mobile.nexon.co.jp

puyopuyoquest.sega-net.com

us.battle.net

www.blazblue.jp

koshien-pocket.kayac.com